TOPスポンサー広告 ≫ キャッシング会社を比較してみよう/キャッシングの専門用語解説/キャッシングで困ったときの参考まとめ/借金対策TOP未分類 ≫ キャッシング会社を比較してみよう/キャッシングの専門用語解説/キャッシングで困ったときの参考まとめ/借金対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

キャッシング会社を比較してみよう/キャッシングの専門用語解説/キャッシングで困ったときの参考まとめ/借金対策

初心者の方が自分にあったサービスを探すためにいろいろな比較情報や専門用語の解説を掲載しています。普段よりキャッシングに関して準備している人も少ないと思いますので、今すぐキャッシングしたいという人でも失敗しないように各金融機関の条件などを比較してみましょう!
主要な金融機関とすべて提携させていただきましたのでこの中から選べばまず間違いないでしょう!
=====================================================================
プロミス / 6.3%~17.8% / 300万円 / 最短1秒 / 最終借入後 原則最長6年9ヶ月 1~80回
アイフル / 6.8%~18.0% / 300万円 / 最短30分 / 借入直後 最長13年6ヶ月 (1~140回)
アコム / 4.7%~18.0% / 500万円 / 3秒で事前 チェック完了 / 最終借入後 原則最長6年9ヶ月 1~80回
モビット / 4.8%~18.0% / 500万円 / 最短10秒 / 借入後残高 スライド元利定額 返済方式
オリックス銀行 / 3.0%~17.8% / 最高800万円 / 最短即日 / 残高スライドリボルビング方式
レイク / 4.5%~18.0% / 500万円 / 最短即日 / 残高スライドリボルビング 元利定額リボルビング方式
ノーローン / 9.5%~18.0% / 300万円 / 最短即日 / 借入金額スライドリボルピング方式
=====================================================================

■キャッシングとは
キャッシングと聞けば、金利が高い、怖い、破産、など負のイメージが付きやすいですが、実際はキャッシングを賢く活用して充実した生活を送っている人もたくさんいます。日本では誤った情報が独り歩きしてしまい、負のイメージを植え付けられていると言えるでしょう。例えば、ちょっとお金が必要になった時に友達や親せきに無心をするとどうなるでしょうか?少なからず嫌な顔をされてしまうと思います。
しっかりと返済したとしても、お金を無心してくる人というレッテルが張られてしまいます。しかし、キャッシングを使えばそのような事はありませんし、個人情報や機微情報はしっかりと守られます。そして、キャッシングと聞くと利息が高すぎると言うイメージがある人も多いと思いますが、年利で18%程度なので30万円キャッシングをすれば1年間で54,000円、1か月では4,500円程度になります。
貸してくれるかどうかもわからない人に嫌な顔をされながらもお金を借りに行くのであれば、確実に気持ちよく貸してくれるキャッシングを利用しない事はないと思います。このようにキャッシングを賢く使えば潤いのある生活を送ることができます。

■キャッシング会社選びのポイント
今すぐキャッシングをしたいと思った時に、自分の条件にぴったりあったものを選んでいきたいですよね。ここではキャッシングをする際に比較するとポイントを御紹介していきたいと思います。
キャッシングする際に着目する点は何になるでしょうか?低金利、信用性、審査の基準、スピード、使いやすさ、など様々あります。もちろん、全ての条件でナンバーワンであると言う事が望ましいのですが、たくさんのキャッシング会社があり、各会社とも独自性を出しているため、なかなかそのようなものはありません。
利息が低いものであれば貸出金額が低かったり審査が厳しかったりして、審査基準によっては、即日キャッシングができるものであれば利息が高かったりします。また、信用度が高い銀行系と呼ばれるものは審査が厳しかったりと、それぞれに特徴がありますので賢く比較して自分に良いものを選ぶようにしていくことが良いでしょう。
もちろん、当サイトでご紹介しているキャッシング会社はいわゆる闇金と呼ばれる怪しい会社はございませんので、安心して比較検討して頂けるのではないかと思います。

■申込から融資までの流れ
キャッシングが初めてであればどのようにして手続きを行っていけばいいのか不安に感じている人も多いと思います。申込方法はどうしたら良いのか?準備しなければならないものは何か?店舗に行かなければならないの?どのくらいの期間で終了するのか?審査とはなんだろうか?など疑問点があると思いますが、ここではオーソドックスな申込から融資までの流れを御紹介したいと思います。
【1】 インターネットからの申込
【2】 審査結果が送られてきます(すぐに返信がある場合が多い)
【3】 契約手続き(店舗、郵送、WEBで本人確認書類や収入証明書を送付)
【4】 カード発行(融資可能)
どうでしょうか、とても簡単だと思います。まずはネットから自分が申込をしたいキャッシング会社へ申込をすると自動返信メール等で結果を教えてくれます。そして、大まかな審査がそこで終了すると本人を確認できる書類と収入を証明する給与明細などを店舗に持っていき手続きすると、早ければ即日に融資を受けられる体制になることもあります。キャッシングを考えるときは短期ですぐに借りたいと思う事が多いと思いますので、このように手続きがスピーディに終わることは良い事だと思います。

■すぐにお金が必要な場合
どうしてもすぐにお金が必要だと言う時にもキャッシングを使えば即日で用意をすることができます。即日キャッシングをしようと思えば、まずはネット上で申し込みを完了させてから窓口や自動契約機にて行う事が必要になってきます。
ネット申し込みを行わなければ手続きに時間がかかってしまう場合がありますので、即日ですぐにお金が必要だと言う人は必ずネットから申し込みを済ませてから手続きを行う事がコツです。また、審査に関しては銀行系キャッシングと消費者金融系のキャッシングでは、審査基準に違いがあるようですので、うまく使い分けを行い活用していくことが良いでしょう。
銀行系であればある程度まとまった金額をキャッシングできますが、審査が厳しめであるようです。一方、消費者金融系であればまとまった金額では借りることができませんが、スピーディに借り入れを行う事ができます。金額については個人差があると思いますので、一概に言えませんが全般的には前述のイメージとなります。自分にあった条件を比較検討しながら賢くキャッシング比較を行いましょう。

■総量規制とは
2010年6月に施行された貸金業法の改正により、年収の3分の1を超える貸し付けを行う事ができなくなる、いわゆる総量規制が実施されました。住宅ローンや自動車ローン、緊急的な医療費などは除外されたものの、これにより年収が300万円の人であれば100万円までしかキャッシングできなくなりました。
ただ、この総量規制は貸金業法であるため銀行系キャッシングではその適用がされておりませんので、そのあたりもキャッシングをする際の着眼点になるかもしれません。
そもそも総量規制ができた背景としては、収入が見込めない人が多額の借金をして、それが返せないからと自ら命を絶つという事が出てきてからであるためでありました。
しかし、一方では今まで生活を繋ぐためにキャッシングを行ってきた人に対しても制限をかけてしまい、さらに闇金へ走らせることにも繋がってしまっている事もあるようです。キャッシングの使い方は人それぞれだとは思いますが、できる限り一時的な借入にとどめて賢く活用するようにすることが大切だと思います。

■豆知識
Q:キャッシング申込時の審査とは?
A:基準は各社の内規になりますが、「年収」「年齢」が基本的には重視されると思います。

Q:キャッシングをしている事が他人にバレませんか?
A:本人確認のために職場などにかかってくる場合がありますが、キャッシング会社である事は伏せて個人名で呼び出してくれるため、他人に気づかれる可能性は極めて低いと思います。

Q:仕事をしていない私でもキャッシングができますか?
A:可能な場合が多いです。例えば、専業主婦の場合でもキャッシングをすることは可能です。しかし、この場合は配偶者の同意書や所得証明書が必要になります。

■返済方法
キャッシングの返済方法ですがいつくかの種類がありますので、自分のライフプランにあったものを選択して返済していくと良いと思います。返済は計画を立てて行う事と余裕をもって準備すると言う事が基本になりますので、できる限り熟考して決めて行くほうが良いと思います。返済を行っている途中でちょっと厳しいなと思えばすぐにキャッシングをしている担当者に相談することをお勧めします。返済計画が遅れれば遅れるほど返済が困難になってしまいますので、そうなる前に相談してみましょう。
・元利均等返済方式
これは一番オーソドックスな返済方法で、毎月決まった金額を返済していく方法です。例えば、毎月2万円ずつ返済しているなど、計画もシンプルで立てやすいと思います。
・元金均等返済方式
借入金に対する返済は毎月決まった額を返済していくというものです。返済が進めば進むほど利息額が小さくなる事が特徴です。最初に多めに支払いを行い、後になれば楽になるパターンで高額キャッシングなどに用いられます。
・リボルビング返済方式
返済回数は決めずに月々決められた最低返済額を返済する方法です。特徴としては与信内であれば何度でも活用できると言う事です。何度も続けてキャッシングを行う人であればこの方法にて行う事が便利だと思います。

■最大借入金額の目安
キャッシングはどのくらいまでして大丈夫なのか?と心配する人は多いと思います。利息がかかりますので、多くしてしまえばその分だけ負担がかかってきますし、無理のない返済計画を立てる事が大事ですので、キャッシングする目安を知っておくことが大切です。
キャッシングでは総量規制が施行されて、現在では年収の3分の1以内しか基本的にはキャッシングができないようになっています。(※銀行系はのぞく)なぜ、総量規制が決まったかと言うとそれ以上のキャッシングをすれば、無理な返済計画となってしまい返済することが困難になってしまうからです。
つまり、キャッシングをする最大の目安はおおよそ年収の3分の1と言う事を念頭においても良いと思います。さらに、堅実に返済していきたいと思っている人は、おおよそ年収の20%くらいを目安に考えれば良いのではないかと思います。ただ、返済方法は年収だけではなく、普段の生活費を節約して捻出する事もあると思いますので、無理のない返済方法になっているのかを確認したほうが良いと思います。
ギリギリの生活でひねり出した返済計画では数字上では完済できるかもしれませんが、実際にやってみて実行できなければ意味がありませんし、いたずらに返済を困難にしてしまう事もあります。そのバランスを考えながらプランを立てましょう。

■返済が遅れた場合の対処法
返済が遅れると延滞損害金が発生して利息が20%に上がってしまう事があります。また、返済について真摯な対応をしていないと一括請求を要求されたり、ブラックリストに載ったりしてお金を今後借りられなくなってしまう恐れもありますので、返済が遅れそうな場合は必ず事前にキャッシング会社に連絡しましょう。
返済日が過ぎても返済がされない場合はキャッシング会社から電話連絡が入ります。そこでうっかりと返済を忘れているだけであれば問題にはなりませんが、それを無視し続けると法的に則った取り立てが行われることになります。それも無視し続けると裁判所により差し押さえが行われ、給与等が差し押さえられるほか、ブラックリストに載ってしまう危険性が高くなってしまいます。
そうなれば今後お金を借りる事が困難になるばかりか、会社や周囲にも借入金の未払い等の情報が知れ渡ると言う事にもなってしまいます。今ではキャッシング会社も企業イメージを守るためにハードな取り立てはしてきませんが、ペナルティを喰らって痛い目に会いますので事前にキャッシング会社には相談することがいいでしょう。

■ヤミ金には手を出さない
ヤミ金(闇金)には手を出さないようにしましょう。ヤミ金とは闇金融屋の事で貸金業者としての登録をしておらず、定められた利息以上で貸付を行ったり、法律で定められた回収方法を取らなかったりする集団の事です。よく映画に出てくる借金取りと言われるイメージがこのヤミ金だと思っていいでしょう。とにかく、彼らは法律を犯してお金を貸してくるので法律に則った行動はしてくれません。利息もトイチ(10日間で10%の利息)や酷い時であればトサン(10日間で30%の利息)を要求してきたりします。また、返済すれば良いカモと思われて、その後もターゲットされるケースもあるようで、一度、このようなヤミ金に手を出してしまうと抜けられない事もあるので絶対に手を出さないようにしましょう。それでもヤミ金を利用してしまった時はどうすればよいのか?まずは消費者センターや法テラスに相談することが良いでしょう。法テラスとは無料で法律相談に乗ってくれる団体です。これらの団体に相談すると良い解決法を教えてくれると思います。ちなみに、当サイトでご紹介しているキャッシング会社はもちろん、ヤミ金業業者ではなく法律に則った会社ですので安心してご利用して頂ければと思います。

■多重債務になった時は
多重債務とは複数の会社から借金をしており、返済が困難になっている状態の事を言います。こうなってしまうと返済方法等が困難になりますので、法的に整理をしていくことになります。通常は弁護士などの専門家にお願いして債務を整理していくことになります。その方法としては専門家が借入会社へ利息の減額や長期的な返済計画への変更、時には過払い分の請求などを行ったり、ローンの一本化を行う事、それでもどうしようもない場合は自己破産の手続きについてもレクチャーしてくれると思います。もちろん、返済計画を立てて返す事が困難だなと感じた時に事前にキャッシング会社などに相談することが大切になってきますが、もし、自分ではどうしようもないと感じたらすぐに専門家に相談してみましょう。




■審査について
キャッシングをする時にはキャッシング会社の審査を通過しなければなりません。審査は各キャッシング会社が内規で決めたものがあり、それに沿ってシステマチックに行われますが、その内容はブラックボックスになっています。しかし、キャッシング会社としてはなぜ審査をするかというと、キャッシングをした人からお金を本当に返してもらえるのかについて判断するために審査をするわけですから、しっかりとした年収があり預貯金もあるという人が理想になってくると思われます。しかし、自己申告制であっても嘘をついて審査を通ろうとしても嘘はバレてしまいますので、必ず正直に申告を行ったほうが良いと思います。正直に申告して実情を相談すると、柔軟に対応してくれるキャッシング会社もあります。また、各キャッシング会社の内規で審査条項は違いますので、1つのキャッシング会社の審査で通らなかったとしても各社に申込んでみると言う事も良いのではないかと思います。学生であれば学生ローンなど、それぞれにあったキャッシング会社を選ぶことも大切だと思います。
=====================================================================

■初めての人向け
キャッシングを利用する際に悩むところは、数多くある金融業者の中からどこを選べばよいかと言う点になります。金融業者によっては、金利や返済方法が異なる場合がありますので、選択によっては利用状況に大きな差が発生してきます。キャッシングとは言え、経済的な面を重視しなければ返済する事にも影響が出てきますので、自分に合った正しい判断をする必要があります。
自分に適したキャッシングとは、人それぞれの状況に違いがありますので一概に言う事はできない面があります。大まかな目安としては、審査基準や審査の通りやすさ、金利の高さ、融資までにかかる日数などが挙げられます。すぐにでも融資を受けたい状況であれば、即日融資を謳う金融業者を選ぶ必要がありますし、審査に不安がある場合では審査に通りやすい業者を選ぶ必要があります。
キャッシングの利用に当たっては、自分の置かれている状況を的確に判断し、何を必要としているかを自覚する必要があります。また申込み方法にも個人の環境が大きく影響してきます。現在ではインターネットによる申込みが一般的になりつつあります。インターネット回線を持っていれば非常に便利な申込み方法になりますが、そうでなければ店頭での申込みになると言うように、人それぞれの環境により大きく異なるものなのです。
はじめてキャッシングをする人であれば、どのようなキャッシング会社を選べばいいか迷ってしまう事も多いと思います。はじめての人であれば知名度もあり金利も比較的低い銀行系のキャッシング会社を選ぶ事をお勧めします。融資額もある程度融通も利きますので使いやすいと思います。

■即日融資
今すぐお金が必要だ!という人の強い味方が即日キャッシングです。ネットで申し込みを済ませておけばサクサクっと審査も完了してその日にキャッシングされる即日キャッシングは便利です。生活をしていると案外、すぐに入用なシーンが出てくると思いますが、そのような時にも即日キャッシングを活用すれば安心です。
即日キャッシングの利用する時はどのような理由でキャッシングが必要なのか自分自身で明確にしておく必要があります。また同時に返済が可能な金額なのかも慎重に判断する事も大切です。即日キャッシングというサービスがより便利なサービスとして利用できるように自分自身でもきっちり管理する事が重要になります。
金利に関してもしっかり把握する事が大切です。事前にインターネットなどを利用して金利の低い安心して借入できる金融機関を探しておくといいです。口コミ情報などを利用する事でより信頼のできる金融機関を利用する事ができます。また即日とはいえ、審査があります。他に借入がある人など審査が通らない場合もあります。
審査基準は金融会社によって定められている基準が違います。どのような基準が設けられているのかは公表していませんので、口コミ情報などを参考にするしかないのです。急な出費の際にはとても便利なものです。即日キャッシングをする事で便利なサービスが生活の負担にならないように気をつける事が大切です。キャッシングの利用方法は各金融機関によって違います。インターネットなどでも利用方法を確認する事。毎日の生活の中でより便利なサービスとして存在するものです。

■大口融資
まとまったお金を借りたいと言う時には大口融資をしてくれるキャッシング会社を選びましょう。借りる金額が大きくなってしまうため、金利もできるだけ低いキャッシング会社がお薦めです。返済については長期にわたる事もあると思いますので、しっかりと計画を立てて賢く活用しましょう。

■銀行系
銀行系のキャッシング会社が運営するもので、総量規制対象外のキャッシングになります。比較的、金利が低く知名度もあるためはじめての人には活用しやすいと思いますが、専業系と比べると少し審査が慎重であると言う事もあるようです。
キャッシングを利用したい時には、有利なものを利用していけるように考えていくことが重要です。有利なものというわけですが、例えば金利などがあるでしょう。またそれだけではありません、限度額というものもあります。限度額などが、少しでも高いようなものでしたら、おおきな利用ができますのでプラスがあるというわけです。
そこでその上記したようなものをしっかりと内包しているのが、銀行カードローンというものです。金利なども低いものになっています。また、限度額などもかなり有利な状態になっているのです。それだけ素晴らしい銀行カードローンなのですが、注目すべきは審査内容というものでしょう。その審査内容なのですが、どういった部分をしっかりと見てくるのかを前もって知っておくことで、効率的に審査に突破できやすくなりますので注目するべきなのです。
ではまず審査で注目されるのが年収です。年収ですが、銀行カードローンの場合は200万円以上は必要になることが多いです。条件がいいカードローンですので、ちょっと厳しめになります。また、仕事なども判断されることがあります。正社員でなければいけないというようなカードローンも存在しているのです。ただし、アルバイトやパートも大丈夫としているところもありますので、その点は注目していくといいでしょう。

■専業系
銀行系のキャッシング会社と比較されますが、専業系のキャッシング会社の特徴としてはスピーディに申込から審査まで行えると言う事であると思います。少額を素早くキャッシングしたいと言う人には向いていると思います。

■総量規制対象外
2010年6月に施行された貸金業法の改正により、年収の3分の1を超える貸し付けを行う事ができなくなる、いわゆる総量規制が実施されましたが、銀行系キャッシング会社であれば対象外となってキャッシングすることが可能です。
キャッシングをする際に気をつけなければならないことが一つあります。それは総量規制です。この制度は、個人向けの貸付の場合、年収の三分の一までしか融資を受けることができないという制度のことです。これによって個人が貸金業者から多額の融資を受け、返済に困り借金苦になってしまうことに陥らないようになりました。
貸金業者の方も個人にお金を融資する際に、他の貸金業者から借入がないかどうかを調査します。この調査の目的は、借入金額が年収の三分の一を超えていないかどうかを調べることにあります。しかし、事情があり、多額の融資が必要という場合があり、融資が受けられないと困ることもあるでしょう。
総量規制には例外もあります。たとえば、家や土地などの不動産を購入したり、自動車などを購入したりする場合です。この場合は規制の対象とはならず、貸付を受けることができます。他にも例外として、一例をあげると、高額療養費、有価証券担保、売却予定不動産があり、不動産を売却により返済ができる場合などがあります。なお、銀行系のキャッシングならば、総量規制の対象外となるため、融資額の限度はなく貸付ができます。なお、銀行系のキャッシングの場合、審査に時間がかかるので注意が必要でしょう。

■貸出金利(利息)
キャッシングする時にはできるだけ金利は低いほうが良いと思います。特に大口融資であったり長期借入を考えておられる方であれば、貸出金利の比較はしっかりと行って返済計画も立てたほうが良いと思います。
年利にもいろいろなものがあります。内容を詳しく理解していないような方も多くなってしまっています。ではその年利なのですが、もっともよく聞くものとしまして実質年利というものがあるでしょう。消費者金融業者の広告などをみますと掲載されていることがあります。
その実質年利なのですが、元金の残高に対しかけられる年利となっているのです。借入残高に対応している年利であるというようなものになっています。ですので、利息額としてはかなり少なくなる可能性がある考え方となっています。実質の年利が低いものになっていますと、返済総額も少なく済むようになっているというわけなのです。
また、逆の考え方もチェックしていくといいでしょう。その考え方についてなのですが、アドオン方式というものもあります。元金が減少しないということを仮定した利息になっているのです。実質の年利よりも大きな利息になりますので、注意をしてみていくといいでしょう。最近ではしっかりと実質の年利での表示が求められていますので、その点は安心してチェックしていくといいのではないでしょうか。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。